ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

新婚旅行いきたくない

【アシタカくん「○○さんが新婚旅行はいくべきだってー」】

アシタカくんは貯金が10万以下。わたしの母は心配しています。

「結婚費用払えるの?」「ウミ子が全額だしちゃだめだからね!」

と念押しされています。勿論、わたし当然折半だと思っています。

 

「貯金が10万以下って半年前にも聞いたけど?今はどうなの?」

「それから増えたのでしょうね?」と母から心配する電話もあり。

「うーん、税金払ったりしてるから増えたりしていないって…」

とモゴモゴ話しています。アシタカくんは奨学金の返済もあります。

高校大学7年間分なので金額が大きいはず。返済はあとどの位?と、

聞いても「どのくらいだろう・・・今度調べておくよー」と呑気。

うん、心のおおらかさに惹かれて好きになったんだけどさぁ・・・。

ちょっとなぁ。年下男子ってこんな感じなのかな。

thankyoumiushi.hatenablog.com

アシタカくんは新婚旅行の話ばかり振る。更にイライラしてしまう。

身近な場所で、日帰りでいいじゃん!なんなら無しで十分ですけど。

わたしが主張すると、その場では「そうだねぇ。うん…。」と言う。

でも諦めていないのは丸分かりです。アシタカくんは顔に出るから。

 

 

【先日も、イライラして爆発してしまいました】

アシタカくんは、交渉材料を見つけるとすぐに話しかけてきます。

「職場の●●さんが『新婚旅行は行くべき』って言ってたよー」と

アシタカくんに言われて、カチンときました。その話、前にもう

話したよね・・・・?終わっているよね・・・?

 

thankyoumiushi.hatenablog.com

 

わたしは作業中だったので「ふーん」と曖昧な返事をしました。

アシタカくんはわたしが静かに怒っていることに気づかない様子。

「●●叔父さんから、お祝いいただいているしさ?」

「ほかの人からもお祝いもらったら旅行行けるよ」

「■■さんは2月の沖縄なんかいいんじゃないって言ってたよー」

「■■さんは『ご祝儀なし、なんて言わなければよかったのに』って

言ってた。僕もそうですねーって言ってさー・・・」

と弾んだ声でアシタカくんが言うので、途中で遮ってしまいました。

 

「ご祝儀なしにしたのは挙式のみだからでしょ?それだけじゃ、

あまりに素っ気ないっていうから、葬式の後の精進落としみたいな、

お菓子とジュースだけの茶話会することになったんでしょ?なのに、

一人三万円もいただくの? これ、前に話したよね?」

「ご祝儀いただいたら、返礼品も披露宴も、相応のものにしないと

いけないでしょ?わたし、仕事が忙しいから。そんな用意無理よ?」

「あのさぁ、前も言ったよね?お祝いいいただいたら半返しだよ」

「あなたのとこの家族が多いせいで、準備がやたら大変なのよ?」

「お祝いをくださる方が、どんな気持ちで持ってこられるか考えた?

貯金もないのに旅行行って散在するためじゃなくて、生活基盤を整える

ために使わせていただく方が有益じゃないの?」

「『結婚指輪を買う貯金もないんですけど旅行行ってもいいですか?』

って、その■■さんとやらに聞いてみなさいよ」

「『僕の貯金通帳見ても、旅行へ行くべきだって言えますか』って!

一回聞いてみろって言ったよね?聞いたの?それでまた言われたの?」

「結婚資金、支払いはわたしが立て替えるんだよね?アシタカくんの

負担分は冬季賞与で支払うんでしょ?そこまで待ってないといけない

くらい、お金無いんでしょ!無計画すぎ!」

 

淡々と、低い声で言うとアシタカくんの目が泳いでしまいました。

必死に話をそらそうとするアシタカくん。本当に旅行行きたいのなら、

反論してきたらいいのに。「新婚旅行、行くものだろ!」と怒ったって

いいのに。黙ってしまいます。別の話題を出そうとしてくるのも、更に

イライラが加速します。本気で話し合う気がないのなら、出さないで。

 

「2月?わたし仕事がめちゃくちゃ忙しい時期です。休んでいられない」

「1日休めば、勉強が一日できない。仕事は待ってくれない」

と、ブツブツつぶやいていました。

 

 

【わたしの実家へ行ったのが新婚旅行、ということで良いと思います】

1日だけ、ちょっと特別なデートをしたら、わたしはそれで十分です。

劇場のちょっと良い席で、二人が好きなお笑いや落語を鑑賞するとか。

遠出をして日帰りで変えるだけで十分です。

 

アシタカくんは、人に意見するのが苦手なのかな。兄弟が多いから、

いっぱいケンカもしたんじゃないの?もしかしたら妹弟が多いから、

いつも自分の意見を言えずに我慢してきたのかな。

わたしの妹ちゃんは、歳も比較的近かったのでケンカばかりでした。

意見は言います。本当にこうしたい!っていう気持ちがあれば、ね。

 

次、「新婚旅行なんだけど・・・」と言われたら、どう言い返そう。

「~だから、できないでしょ!」と言い続けていますが通じません。

「本当に行きたいのなら、アシタカくんが企画して」って言おうかな。

「予算はどのくらいで、どの期間で、どんな風にするのか動いてみて」

「旅行代は折半でいいよ。でも、いただくお祝いはあてにしないでよ。

結婚式費用に入れたら、多分なくなるとおもうし。余ったとしても、

結婚生活の基盤にするから。保険にだって加入したいし」

って、話してみようと思います。行きたい行きたい、で、わたしが

なんでも準備してあげると思ったら大間違いです。わたしは自己中。

わたしがやりたいと思ったことは、仕事の合間を縫って準備するし、

調べるし、交渉するけど、無意味だと思うことには消極的です。

アシタカくんがやりたいのなら、アシタカくんが率先して準備して。

貯金をして。

夢を語るのは、わたしも好きだけど。企画書の出ない企画に予算も

時間も使う気分になれません。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村