ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

連れ猫と婚約者を慣らし中

【愛猫シュシュは人見知りです】

f:id:thankyoumiushi:20180930045052j:plain

わたしは猫を飼っています。ある夜、帰宅したら玄関前に小さな

子猫がいました。推定生後一ヶ月でした。動物病院に即入院する

ことになりました。1週間で退院できましたが、お腹に虫がいて、

いっぱい食べても、すぐに下痢をしてしまって。お薬もたくさん

飲ませました。

近所に猫なんかいません。病院で毛並みがキレイと言われたので、

多分、どこかの家で生まれたのだと思います。生後一ヶ月という

一番可愛い時に、何で捨てたのか。捨てられたことで自己肯定感

が低くなって、自分に自信が持てない猫に成長するのではないか。

自分に自信のない、わたしのような卑屈な猫になってほしくない!

シュシュ、あなたは可愛い子だよ。わたしの大事な猫だよ。覚えて

いてほしい。そう思って、大切に育ててきました。

毎日、寝る前や膝の上に乗ってきた時に「シュシュ、大好きだよ」

「シュシュは世界で一番、かわいい猫。素敵な猫。魅力的な猫よ」

と言いながら、撫ぜていました。

f:id:thankyoumiushi:20180930045057j:plain

そんな愛猫シュシュも今年3歳になります。

自分が可愛いことを知っている、とっても丸い成猫になりました。

大事に育ててきた、大切な娘猫です。アシタカくんもシュシュを

知っています。「シュシュも大事な家族だよ」と言ってくれます。

シュシュは、わたしにとって娘のように大事。だから、シュシュ

にもアシタカくんと一緒に暮らす生活に慣れて欲しいと思います。

 

【アシタカくんも愛猫シュシュも、お互いに緊張しています】

f:id:thankyoumiushi:20180930045059j:plain

アシタカくんにはペットアレルギーがあるそうです。アシタカくんが

泊まりに来る日は部屋に掃除機をかけて、軽く床拭きをしています。

ここのところ毎週泊まりに来てくれていますが、今のところ発作など

目立った症状は出ていません。

 

アシタカくんはアレルギーの関係で犬猫を飼った経験は無いそうです。

愛猫シュシュも3年間、人と触れ合った経験がありません。特に男性。

動物病院のお医者さんは別です。シュシュの生活場所には男性が来た

ことありません。自分の家に、体格が大きく声の低い男の人が入って

くる。シュシュは完全に怯えていました。

 

thankyoumiushi.hatenablog.com

 

アシタカくんも、猫にどのように触れて良いのか分からない様子です。

「シュシュ~」と声をかけて、目の前で手を振る。そんなことしちゃ、

シュシュが怖がるよ!アシタカくん手が太くて大きいのに。目の前で

手を振られると、叩かれるんじゃないかって怖くなっちゃうじゃない。

 「あ、そうか!」とアシタカくん。毎回、アシタカくんが帰る前には

わたしがシュシュを抱っこして、アシタカくんに撫ぜてもらっています。

アシタカくん、シュシュを触るのもおっかなびっくり。シュシュも緊張。

そんなアシタカくんとシュシュの、ぎこちない様子を見て、こっそりと

面白がっています。少しずつ慣れていってほしいと思っていました。

 

 

【サンマの匂いにつられ、シュシュとアシタカくんの仲が進展しました】

f:id:thankyoumiushi:20180930045050j:plain

先日、アシタカくんが来た時サンマを食べました。台所だけでなく

居間にもサンマの焼ける匂いが広がりました。すっかり秋気分です。

 

シュシュは普段アシタカくんが来ると、押し入れかカーテン裏に入り

落ち着くまで出てきません。晩御飯も真夜中にコッソリ食べています。

 

ですが、サンマの美味しそうな香りに引き寄せられ、シュシュが部屋に

出てきました。最初に気がついたのは、アシタカくん。

「見て、ウミちゃん!シュシュが出てきたよ!」と小声で、嬉しそうに

教えてくれました。

 

「シュシュもエサ食べる?」と聞いて餌を入れると、食べ始めました。

「大丈夫よね?怖くないわよね?」と確認するように、時々こちらを

振り返りながら、シュシュがアシタカくんの目の前で餌を食べました。

 

餌を食べて満足したのか、今度はアシタカくんの座る椅子に近づいて

座りました。アシタカくんが椅子から動かないと気づくと、シュシュ

の方からアシタカくんに体をスリスリ。

 

アシタカくんの手に顔をこすりつけています。サンマ効果、絶大です。

アシタカくんにお尻を見せて「撫ぜても良いわよ」という顔をします。

アシタカくんが撫ぜると「ちょ、違うわよ!撫ぜ方がなってないわ!」

というかのように、シャァア!と怒りました。

「ねぇ!この人に、わたしの撫ぜ方を教えてやってちょうだい!」と、

アシタカくんとわたしの間に入り、もう一度お尻をフリフリするので、

その様子が可笑しかったです。

 

翌日も(サンマの匂いが部屋に残っていたのか)シュシュはわたしたち

と同じ時間に朝食をとりました。シュシュは自分の食事が先に終わると

アシタカくんの椅子の横へ行き、体をスリスリ。

シュシュは新聞の上に寝転ぶのが大好きなので、アシタカくんの椅子の

横に朝刊を広げておきました。シュシュは新聞の上でくつろぎました。

「猫って、こんなに伸びるんだね」「シュシュの尻尾がこんなに動くの

知らなかった」と、アシタカくんも感動していました。

 

人見知り猫を人に慣らせる場合、猫を空腹にして、部屋にサンマの香り

を充満させると出てきてくれます。おすすめです。

これからも、アシタカくんとシュシュが互いに慣れてくれますように。

f:id:thankyoumiushi:20180930045052j:plain

写真はシュシュが屋外に出たことに気づかず、扉を閉めてしまった時の

写真です。「ちょっと!わたしがいるんですけどー!」と鳴いています。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村