ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

「自分を落とさないで」と彼が言う

 【婚活ブログを見て、自分の価値を低く評価する人が気になります】

「『いつか結婚できる』とディズニープリンセスみたいな事を言う」、

「『この人は、ここがダメ』と相手を品定めばかりしているブログが

自分と似ている。お客様気分じゃなくて、自己分析すればいいのに。」

と、歯がゆく思いながら応援している婚活ブログがいくつかあります。

長く訪問し密かに応援していた方が結婚したとブログで報告していると

自分のことのように嬉しく感じます。喪女ブログ時代も同じように悩み

ながら頑張っている仲間たちのブログを読んで共感し、自分の問題にも

向き合う勇気をもらっていました。

 

高校、大学、大学院、社会人と友達ゼロ状態に等しくて喪女ブログだけ

つながりを感じることができました。家族以外の会話が喪女掲示板のみ

でした。人間関係の難しさを書き込み合い、人と人とのつながりを感じ

何とか生きてこれました。わたしはたくさん支えてもらったので今度は

わたしが何か恩返しができたらいいのに、応援できたらいいのにと願い、

ブログを読んで、画面ごしですが密かに応援と気合を送っています(笑。

婚活ブログに限らず、努力をしている人たちのブログを応援しています。

 

ブログサイトを巡り、見ていて気になる人たちがいます。

それは「自己評価が低くて、婚活相手に酷い事言われても我慢する人」。

「ブサイクだね」「友達いないでしょ」などと、婚活で知り合った人に

言うなんて。信じられません。「わたしはブスだから。仕方ないのよ」

と言い聞かせて、悲しい気持ちを押し殺しているブログ主さんを見ると、

自分のことのように悔しい気持ちになります 。

 

 

 【「わたし、ブスだから」は、傷つかないための予防線、自分を守る術】

「わたし、ブスだから」は、わたしも口癖です。可愛い子が言っていると

「周囲に『そんなことないよ、可愛いよ』って言ってもらいたいんだろう」

と思われがちのようです。本当にブスなわたしにとって「ブスだから」は、

「分不相応なことを求めているんじゃありません。視界に入ってしまって、

すみません。立ち位置は理解していますので、どうか排除しないでください」

という、自分を守る術でした。

修学旅行のグループ分けで「えー、ウミ山さんと一緒とか嫌なんだけど~」と

こそこそ話しているのが聞こえてしまう。一瞬、嫌な顔をした相手と目が合う。

そんな時は「すみません、よろしくお願いします」とヘラヘラ。自分の位置を

理解しています、どうか入れてください、ご迷惑をかけませんとアピールする。

 

多分、ブスかどうかに限らず、自己評価の低い人たちってこう考えていそう。

自己評価が低すぎるから、新しい服を着ていく時も被ったら相手に不快感を

与えてしまう、迷惑がかかると思ってしまう。予備の服も持って外出します。

婚活で出会う相手にも「こんなわたしに会ってくださり、感謝しています。

ありがとうございます。ブサイクを自覚していますので、ご容赦ください。

ブスなりに精一杯頑張ろうとしています」と極端に下手に出ようとしている。

そんな雰囲気が出ていて、対等な交際ができない。相手に舐められてしまう。

傷つけられてしまう。

 

歯がゆいなぁ。自分を見ているようで苦しいなぁ。傷つけられて当然の人間

なんて、いないんだよ?もちろん相性はあるさ。でも、あなたの存在全てを

否定するようなことを言う権利、誰にもないんだよ。堂々と生きていて良い

んだよ。必要以上に自分を卑下しないで。あなたは生きていて良い存在だよ。

酷いことを言ってくる相手と結婚しようと思わないで。「ブサイクなわたし

にはもうこの人しかいないだろうから・・・」と自分の人生を妥協しないで!

・・・時々書き込みをしたり、画面越しに訴えてしまいます。

 

 

thankyoumiushi.hatenablog.com

 

 

「ディズニー映画の主人公気取りで「信じていれば夢は叶う」なんて言うな」

「『ありのまま』のわたしを受け入れる王子はいないから。努力しなさい!」

と前の記事で書きました。「あなたは、そのままで生きていていい存在だよ」

なんて、前の記事と矛盾していると思うかもしれません。自己評価が肥大する

のも問題ですが、自己評価が低すぎる人も問題です。自分を売り込み、生活力

を磨く努力をすることは大事、でも自分を貶める相手と交際することは違う!

そう思っています。

 

 

 

【アシタカくんと出会うことができて、彼の優しさに触れて変わりました】

Loveレイヤリングステンシル用DIYスクラップブッキング/フォトアルバム装飾エンボスDIY紙カードCrafts

「ウミちゃん、大好きだよ」と言ってくれるアシタカくんが傍にいてくれて

わたしは自分の容姿を前向きに受け入れることができるようになりました。

 

「わたし、ブスだから。アシタカくんと一緒にいたら迷惑がかかるかも…」

「なんで迷惑がかかるの?僕が一緒にいたいんだよ」

「『わたし、ブスだから』なんて言わないで。聞いててすごく悲しくなる」

と、アシタカくんは何度も言ってくれました。卑屈になっているわたしに、

毎回「うんうん」と悩みを聞いてくれます。ハレンチな内容になりますが

アシタカくんとイチャイチャしている時も「可愛い」と言ってくれます。

「あんまり顔を見ないで。ブスなのに締りのない顔になるから恥ずかしい」

「そんなことない、可愛いよ。ウミちゃんの幸せそうな顔が見たいよ」

「顔を見たら気持ちが分かるから。同じ気持ちだってわかると嬉しいから」

と言ってくれます。アシタカくんと出会えてよかった。わたしの人格や存在

を肯定してくれる。わたしは余裕がなくなるとアシタカくんを責めてしまう

のに。アシタカくんと出会って10年以上だけど、一度も悪口や攻撃的な態度

のアシタカくんを見たことがありません。人に対して誠実なんだと思います。

 

アシタカくんの中で、わたしが特別になれたことは最高の幸せだと思います。

アシタカくんと交際するようになって、表情が柔らかくなったと言われます。

仕事でも努力不足の部分を否定する事から入っていたのに、前向きに考えて

再挑戦するようになってきました。誰かに大切にされるって、こんなに人を

前向きにさせるんですね、知らなかった。大好きな人から愛されることで、

自分に自信が持てるようになりました。「アシタカくんに喜んで欲しいな」

と思いながら、アシタカくんの喜ぶ顔を想像して家事や仕事をしています。

 

「わたしは、アシタカくんの誠実さが好き。卑屈なわたしにとって憧れです」

「わたしをわたしとして認めてくれる。失敗も受け入れてくれる。君の性格、

尊敬します。人間関係で大切なことを、あなたはできている。だから好き。」

と、いつも伝えています。「そんなにすごいもんじゃないよ」と照れながら

笑うところが愛おしくて、ますます好きになります。

 

世界には、アシタカくんのように誠実で、あなたの人格を尊重してくれる人

がたくさんいると思う。だから、必要以上に自分の価値を下げないで欲しい。

あなたの存在を否定する人、暴言を吐く人を「この人だけだから」なんて、

思わないで欲しい。大丈夫だよ。あなたの存在を認めてくれる人は絶対いる。

多くの人が、アシタカくんのような人と出会うことができますように。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村