ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

結婚を決め、会社に宣戦布告

【傍観者として『育児を抱え働く女性』の困難さを憂いていました】

女性技術屋として働いています。男性9割の職場です。女性技術屋も

増えてきてはいます。でも女性の大半は結婚して退職していきます。

復職してもパート待遇です。

「現在は女性技術屋も増えている!女性活躍を支援していきます!」

と宣伝している職場を、少々冷ややかに見ています。

 

thankyoumiushi.hatenablog.com

 

男女雇用機会均等法」は男女を平等にしたとは言えない法律です。

男性が考えた、男性が有利なルールの中で女性が働く状態。家事も

育児もこなしながら男性と同じだけの量を働くこと。これが社会の

言う「男女平等」です。上野千鶴子さんの本が分かりやすく教えて

くれます。

 

 

学生時代は上野千鶴子さんの本に刺激を受け、何度も救われました

大学大学院でお世話になった指導教授にも「男と同じにはいかない」

「この業界は男性優位だから。埋もれないように技術を磨きなさい」

と、目をかけてもらいました。女性技術屋は珍しいし、目玉になる。

だから利用される。男と同じにできなければ「能力がない」と評価

されてしまう。

「若いんだから/女性技術屋の希望の星なんだから/女性代表だよ」

と、同業者に言われる。

 

男の技術屋たちは1個~2個の企画だけに集中している。わたしは

「女性代表」で10個の企画に駆り出されている。「これも経験」

「若いんだから、他の先輩に押し付けたらダメだよ」と言われて、 

10個に本格的に関わっている。結構ギリギリの生活です。仕事

以外特にすることもないから、毎日仕事と勉強だけをしています。

悔しい。

 

でも、女性が社会進出できたのは、前の世代の女性たちが血の涙を流し

権利を勝ち取ってくれたから。仕事ができると世間に証明してくれた。

だから、権利の上にあぐらをかいてはいけない。

そう思い、自分にできることをしていこうとおもいました。

 

 

  

【アシタカくんとの結婚が決まり、傍観者ではなくなりました】

年下彼氏のアシタカくんと結婚することになりました。会社に報告を

しました。小さな事務所の責任者なので、職員さんたちは驚きつつも

喜んでくれました。「結婚しても働き続けたい」と、言ったからです。

 

でも、これからが戦いです。

わたしは平凡だけど、家庭持ち定時上がりの男同業者の数倍仕事して、

業績を上げてきました。それができなくなるということ、わかっている

のかな。

同業者組合や本社にも、大きな責任を求めていくことになります。

今まで所属する会社は「女性の働き支援!女性技術屋を多く雇います」

と宣伝してきました。女性がきちんと働くことができるように支援する、

これも会社として当然です。

 

今までは、わたしは「働く女性は大変だ」と傍観者の気分で会社を憂い、

独身無趣味の自分は馬車馬のように仕事をしていました。これからは、

生きていくために会社と事務所に待遇改善を訴え戦うことになります。

「事をあらだてることはしたくはない・・・」「自己責任だし・・・」

我慢している場合ではありません。生きなければ。

 

もう傍観者じゃないんだ。自分が当事者なのだと、突きつけられました。

会社にも「女性を雇う意味」をはっきりしていってほしい。会社にも、

同業者組合にも一緒に悩んで欲しい。そうでないと女性技術屋を雇って

いると宣伝してほしくありません

 

 

 

【アシタカくんの年収が低いことも、働く原動力になりそうです】

共働きということは、チームで生きるということ。わたしの方が年収も

仕事量も上です。もし子どもが生まれたとしたら、アシタカくんに育児

の協力をお願いしたいです。高校時代の将来の夢は保育士だったという

くらい子ども好きで、優しい性格の人なのでそのことも話しています。

男は仕事、女は家庭なんていうことを言える社会じゃありません

一緒に働いて、子どもも協力して1つの家族になっていくのだと思います。

「結婚」が目の前に迫った今、そんなことを考えています。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村