ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

「西の魔女」から「だいじょうぶ」へ

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

【おばあちゃんっ子です】

西の魔女が死んだ

わたしは祖母が大好きです。

妹が生まれる前は、祖父母宅に預けられていました。

小さい時から大事に可愛がってもらいました。

 


【祖母にとっても可愛い孫です】

祖母にとっても、可愛い初孫のようです。

わたしが初めて「おばあちゃん」と言った時の話も

よくしてくれます。わたしが2歳の夏らしい。

家族で祖父母を訪ねた時、新幹線の改札を出て、

「おばーちゃーん!」と、走って寄ってきたそうです。

 

妹が生まれるまで祖父母に育てられた時の話も、よく

してくれます。一緒に毎日散歩をしたこと、お風呂で

遊んだこと、ご飯をしっかり食べていたこと・・・。

 

祖母の話は何でも面白くて大好きです。

子ども時代の話、女学校時代は洋画に夢中だったこと、

祖父との出会いの話。祖母と遺品の整理をしていて、

祖父が書いたラブレターが出てきた時は二人で喜んで

読んでしまいました。おじいちゃん、ごめんね。

 

祖父や友人と旅行へ行くのが趣味で、国内外あちこち

行った話。そこで買ったアクセサリーを見せてくれながら、

その時の思い出を聞くのが大好きでした。

 

 
【児童文学「西の魔女が死んだ」に似ています】

祖母は20歳の時に結婚して、専業主婦歴60年以上。

「プロの専業主婦って、こういうことなのかな?」

と、思えるくらい、家を整え環境を整えています。

 

自家製の梅酒や果物ジャムがとてもおいしかったです。

収穫のお手伝いをしたこともありますが、手間がかかる

作業を丁寧に進めていく祖母の姿に驚きました。

 

お手洗いや居間、玄関には庭で育てた季節の花を飾り、

毎食おいしい献立を準備して、部屋がグチャグチャに

なっているところを見たことがありませんでした。

 

西の魔女が死んだ』という児童文学があります。

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

 

読んでいて、自分の祖母を思い出しました。

祖母も魔女なのかもしれません。

西の魔女が死んだ」では、主人公・まいが、

魔女になる修行をします。

修行内容は「自分のことは自分で決めること」。

規則正しい生活、適度な運動、自分の1日の予定を定め、

自分の決めたことを実行する。

 

祖母みたいです。

わたしも魔女修行に取り組み中です。 

祖母は元気ですが、体の方が弱っているそうです。

絵本「だいじょうぶ だいじょうぶ」を思い出します。

昔は「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言って守ってくれた祖父を、

大きくなった「ぼく」が「だいじょうぶ だいじょうぶ」と伝える。

 

祖母が安心できるような、立派な魔女になるからね!(笑。  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村