ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

理想の相手の箇条書きをする

【エイミー・ウェブさんのTEDプレゼが興味深い】
TEDトーク 世界最高のプレゼン術
わたしがどうやってネット婚活に成功したか

(講師はエイミー・ウェブ、動画はこちら)
彼女はネット婚活敗因を分析、軌道修正、無事結婚。
彼女がしたことは「相手に求める重要事項を箇条書きにする」
相手が理想に近いかを点数化、「会う・メールする」を決定。
エイミーは72項目を書き出しました。
わたしも以前、書き出してみたことがあります。
アシタカくんと交際してみて、今回改めて見直してみました。

分からない箇所は、赤字にしました。

・・・

【重要】全ての項目が当てはまる場合のみ、連絡を取る。
・野菜嫌いではない
・私をとても愛してくれている男性
・何もかもが私に相応しい男性
・一緒にいると、お互いに寛げて、楽しく、幸せ
・シュシュ(飼い猫)のことを大切にしてくれる
・シュシュ(飼い猫)も彼を信頼している

⇒家に来たことがないので分かりません。

・少額でも貯金がある(給料を全て使い切るタイプではない)

・ネットの都合のよい記事だけを鵜呑みにする人ではない。

ギャンブルやアルコールなどの依存症がない。

・借金がない

(ただし、奨学金、車のローンなどはこれの限りではない)

・動物を虐待しない。

店員や部下に威圧的な態度をとらない。

・物や人に怒りをぶつけない。暴力を振るわない。
・実父よりも年齢が近い人。
・犬食いしない人。
・就労経験があること。現在も働いていることが望ましい。

・日本語で日常生活を送ることができる人。

・わたしのことを軽んじるような言動がないか
(事例:友達くん、異臭中年男、猫男、昭和生まれ見下し男など) 

・新聞を読んでいる人

(新聞記事の話が会話に出てくることがあるので読んでいるハズ)

 


【必要】80%当てはまる場合のみ、連絡を取る。 
・動物を大切にする。

・歯並びがよいこと。

・箸を正しく持つことができる。

・部下や同僚に対して誠実に対応する。

・笑顔でいる人(わたしがこの人の笑顔を思い出せるかで判断する)

・わたしの仕事に理解がある人。仕事を応援してくれる人。

・わたしが間違ったことをした時、理解できるよう教えてくれる。

・自分の間違いを指摘された時は、素直に認めることができる。

・人の揚げ足をとる発言をしない人。

かつお節と昆布なら昆布だし派。

好き嫌いが少ない人(偏食ではない人)

・野菜が好きな人。

・他人を貶めることで笑いを取ろうとする人ではない。

運転免許を持っている

・読書が嫌いではない人。

(仕事上、書類や本は読まざるを得ない)

・政治や社会問題に対する考え方・方向性が同じであること

・一人暮らし経験がある人。

 

 

【期待】可能ならば。
・筋肉がある人
・ガッチリめの体格の人
・なんでも美味しく食べてくれる人。
・健康。
・何か趣味、関心があることを持っている人

・爬虫類が嫌いではない人

・何か動物を飼った経験があればうれしい。

・多少の料理、家事ができる人。

・・・

ほぼ、当てはまります。

アシタカくんは「貯金が少ない」って言っていました。
わたしも多少はあるし、20代の貯金状況なんて少ないはず。
多趣味で出費が多いけど、節約や切り詰めも得意らしい。
ケチではなく、今もデートにお金をかけてくれます。
理詰めで話せば納得してくれますし、理解も早いです。
理由と今後の展望を話せば、一緒に貯金できる人だと思う。
感情で暴力は振るわないし、お酒もタバコもしないし。


【不安なことは、仕事と住居です】

アシタカくんはA県のA会社に勤務です。

わたしはB県のB会社系列事務所勤務です。

「結婚したら、どちらの会社近くに住むの?」

と、人事部の職員さんたちに聞かれます。

「お互いの中間地点に住んで、A県B県に通うのもアリかな」
と、アシタカくんは言っていました。

 

本音を言えば、わたしの住むB県に来て欲しい。でも、

アシタカくんは仕事に慣れてきたばかりで異動は大変。

結婚したとして、数年は別々に住んでいたい。

A社とB社で働き貯金して、数年後にB市に来て欲しい。

「総合職目指してて勉強頑張っているんだもんね」

「収入も勤続年数も、僕より長いもんね・・・。」

「B市に一緒に住む方がいいのかなぁ」

と、前は言ってくれていたけれど・・・。本音は、

今の会社で働きたいっていうところなんだと思う。

やっと慣れてきたのに、引き抜くのは悪い気もする。

でも、男性のために退職、パート勤務や専業主婦には

なりたくない!今の仕事はやめたくないし、独立して

仕事をしていきたい。

 

まわりの女性同業者は、結婚してパート勤務か転職した。

有能な女性同業者たちが去ったから、凡人のわたしが

取り上げられています。

 今後ちゃんと話し合わないといけなくなりそうです。

一方的に言うだけにならないように、ちゃんと意見も

聞くことができるようにしなくちゃ。

いつも、わたしのワガママばかり聞いてもらっているから、

大切なことは、アシタカくんの気持ちが聞きたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ

にほんブログ村