ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

一般独女の日常を描く短編集『29歳』

【『29歳』を読みました】

29歳

29歳

 

三十路まで半年を切りました。

20代最後の日々を無駄に過ごしているような気がします。

仕事と日常で擦り切れていく感じです。

「やり残したこと、あるんじゃないの?」

「30代になる、覚悟できた?」

 と、自分に問いかけても、ため息しか出ません。

最近は焦りも感じられなくなり、困っていました。

なので「29歳」という短編集を読みました。

 

【本書は、29歳独女を主人公にした短編集です】

わりと有名な女性作家さんたちが寄稿しています。

前編共通なのは、主人公が29歳独身女性であること。

 

夢を追うため会社を辞めたけど未来が見えない子、

目標も夢もなく実家暮らしで派遣社員を続ける子、

カフェ出店に誘われ、思い出のカフェを回想する子、

三十路の誕生日が迫り、海外に転勤した元彼を思う子、

ずるずると不倫を続ける中で、新しい彼に出会った子、

寿退社が夢なのに、社内改革メンバーに抜擢された子、

植物と猫と語る生活の中で、素敵な男性に出会った子、

大学時代のノリと「何とかなるさ」が抜けきらない子、

 

皆、それぞれに共感できる部分がありました。

身近な題材なのか、作家さんが上手いのもありますが、

すぐに読み切ってしまいました。

 

 

【日常の1部分、という書き方が好きです

それぞれに抱えている悩みはあります。

ですが大事件もないし、大きな転落も幸せもなし。

普通の29歳が生きているだけの話です。

さぁ、これから頑張るぞ!と気合を入れる子もいるし、

今までどおり、流されていいく子もいる。

 

その姿が愛おしくて、癒されます。

自分を見ているみたい。

こういう、普通の人の日常の独白小説が好きです。

 

春告鳥―女占い十二か月

春告鳥―女占い十二か月

 

 「春告鳥」もオススメです。

生れ月で運命を占う冊子『女用知恵鑑宝織(おんなようちえかがみたからおり)』

を手にした12人の女性が主人公の短編です。

舞台は江戸時代なのですが、悩んだり、生きるのに必死だったり、

笑ったり、小さな幸せ見つけたりするところは、同じです。

どの女性も、生きようとする力が強いです。

時々、すごく読みたくなる小説です。

 

golden drop(ゴールデン・ドロップ) (角川文庫)

golden drop(ゴールデン・ドロップ) (角川文庫)

 

 「ゴールデン・ドロップ」もオススメです。 

高校の同級生6人が女子会をする話です。

友人宅に泊まり、近況を語り合う設定です。

6人とも25歳、既婚独身、職業も生活もバラバラ

お互いに相手を羨ましがり、本人も謙虚に卑下したり、

そんな「建前」が最初にあり、後から6人の「本音」が

ポツポツ出てくるようになっていきます。

6人の本音が短編で出てきます。

みんな色々あるんだよなぁ、幸せって何なんだろうな、

いつまでも続く友情なんてあるのかなって考えます。

 

おすすめの短編小説があれば教えてください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ