ありがとう!ありがとぉぉう!!!!あ゛りがどぅぉ゛ぉ゛ぉ゛!!!!!♪!

30歳陰気ブスにアシタカ似の年下彼氏ができました。初彼です。逃げられないように日々精進。

深淵を覗き込んでいる気分

【仕事が忙しい

仕事の納期が迫っています。新しい仕事もいくつか任されています。

がんばらなくてはいけない時期です。夜は眠たくて仕事ができない。

眠気を覚ますために、夜中に食べてしまいます。そして体重増加…。

お菓子を控えているので、キュウリをかじりながら仕事しています。

食事も不規則、睡眠も不規則。運動不足で体も動きが鈍い気がする

3月に入ったら年度報告書の提出が控えています。今やっている仕事

なんとか終わらせておかなくてはいけません。

 

アシタカくんとも随分、会えていません。電話をしていて寝落ちして

気がついたら朝になっていたこともありました。わたし、最低です。

 

 

【体調を崩している同業者が多くて不安になります】

一緒に仕事をしていた同業者が欝になり、入院しました。数週間も

入院し続けるなんて重症なのかな。極限まで我慢していたようです。

亡くなった同乗者もいます。仕事の精神的疲労が原因だと思います。

2017年は仲間が何人も亡くなり、病気になる一年でした。

 

 

 

【ずっと深淵を覗き込んでいる気分、深淵もわたしを覗いています】

やりたかった仕事をしているので幸せです。「女性の活躍推進」が

動機だとしても、凡人技術者のわたしを指名してくださる取引先や

事務所があって感謝です。給与もいただき、仕事も安定していて、

不満なんか言ってはいけないのかもしれません。それでも、嫌な事

があります。

 

1、『女性活躍』『若手なんだから』と丸め込まれ消費される自分。

2、大学や研修生時代を一緒に過ごした先輩が突っかかってくる事。

 

 

です。

 

1、『女性活躍』『若手なんだから』と丸め込まれ消費される自分。

「今の時代は、女性ももっと活躍しなくちゃ」「若手の感覚が必要だ」

と、中堅から幹部の同業者に持ち上げられます。結局は中堅同業者たち

の言いなり。新しいことなんかできない。技術を消費されるだけです。

「女性技術屋にも優しい職場」「若手を起用する俺たち意識高い」という

自己満足のため、下品なオッサン達の相手をしなくちゃいけない。苦痛。

バカバカしいです。やめたいのに。わたしも同じことを若手に強いている

ことに気づいて、愕然としました。古くなったわたしが若手を斡旋する

役目を任されるようになりました。こんな悪しき風習、排除したいです。

大きな組織に入るって、そういうことなのかな。どんな業種でも似たような

矛盾を抱えて、皆さん働いているのかな。

 

 

 2、大学や研修生時代を一緒に過ごした先輩が突っかかってくる事。

もう一つの悩みは、馬鹿な先輩同業者が突っかかってくることです。

マウンティング先輩です。仕事や会議で、否定意見ばかり言います。

学生時代ポンコツだったわたしが重宝されるのが面白くないようです。

 

日も「ウミ山に頼んでいた資料が出ていない!ウミ山が出さない!」

と、周囲を巻き込んで大騒ぎしてくれました。随分前に渡した記憶が

あったのですが、あれほど大声で主張するのだから無いのだと慌てて

調べました。マウンティング先輩に渡していました。でも謝罪はなし。

周囲へ顛末を報告することもなし。なんなの、この人。次から言い逃れ

できないように、書類にも受け取り表を付けることにしました。

 

わたしがA地区へ異動した時、マウンティング先輩はA地区数年目でした。

「お互いに助け合っていこう」なんて言ってくださっていたのに、色々と

わたしが研究会や仕事をしているのをみて、対抗心を燃やしてくるのです。

会議でも、足を引っ張ってきます。他の男性技術者には絶対しないのに、

わたしが見落としている事を大声で指摘して、何度も言い続けてきます。

すっっっっごく面倒くさい!!バカじゃないの?って心で叫んでいます。

 

「ウミ山の方が重宝されてる」って、先輩より仕事しているからですよ。

先輩、結婚して赤ちゃん生まれて育児に積極的で忙しいじゃないですか。

わたし、先輩が結婚して育児手伝っている間もずっと仕事しているんです。

先輩が行きたがらない出張も研修も、全て出ているんですよ。研修を企画

する側にまわっているんですよ。だから、仕事が回ってきて当然なんです。

技術に開きが出るのは当然じゃないですか。あなたの倍は働いてますから。

いつまで学生時代の上下関係、引きずっているんですか?

 

先輩は家族がいて忙しいんでしょ?家族持ちは家族持ちの領域で頑張れば

いいじゃないですか。先輩、仕事で自分と比較しないほうがいいですよ。

独身技術者は、時間と労力を仕事に向けているんです。比較できないから。

それなのに「ウミ山が調子に乗ってる」って思うんですか?。

 

本当、男の技術者ってバカみたい。くだらない。女のわたしが出てくると

「調子に乗っている」「これができていない」って、言い出す。同じには

なりたくない。でも一緒にいたら、わたしまで怪物になってしまいそう。

 

女性技術者の中には、わたしよりも才能があって仕事ができる人たちが

たくさんいました。彼女たちは出産後、退職して仕事を離れました。有能な

女性技術者がいなくなってしまい、わたしみたいな凡人でも声がかかります。

昔は「やめちゃうなんて、勿体無い。どうして女性はいなくなるのかな」と

不満でした。今は「こんな男性優位の仕事、出て行きたくなる気持ちわかる」

と思ってしまいます。

 

アシタカくんと結婚して、退職して、仕事を忘れてしまえたらいいのかなぁ。

でも、それでは馬鹿男たちの思うツボな気がして、嫌。

負けず嫌いな性格が、いつでも感情を左右してしまいます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ポジティブな暮らしへ
にほんブログ村